お金借りるなら.NET【即日】どこがいい?/銀行以外の口コミ

すぐにでもお金を借りたいと思っているのですが、そのお金を借りるならどこが良いか?金融機関でも銀行以外のキャッシングなどネットの口コミ情報でスタッフの対応も良くて審査条件が甘い所。

お金借りる 金利安い

2018年08月23日 16時34分

  1. 消費者金融会社のカードローンで借りる
  2. 金利の安いところでお金借りる
  3. 消費者金融会社で借りる
  4. 金利が安いところで借りる
  5. いろいろな借り方
 

消費者金融会社のカードローンで借りる

大手消費者金融会社のカードローンでお金を借りるメリットは、いくらもあるのですが、なんといっても即日融資に対応していることでしょう。お金を借りようとしている人は、少しでも早くお金が欲しいといったある意味切羽詰まった状況が多いです。ですから、その日のうちにお金を借りることができるというのは大きなアドバンテージと考えていいでしょう。

審査基準の問題もありますが、銀行カードローンは即日融資に対応していないのでしょうか。これは、一頃までは対応していましたし、メガバンクの銀行カードローンなどは即日融資やスピード審査というのを、大々的な売り文句としていた時期があったのです。

しかし、昨今では銀行カードローンの広告から、即日やスピードといった文言が消えてしまいました。それは即日融資ができなくなったからなのですが、その理由は、審査の過程に警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたからです。警察庁のデータベースにアクセスして照会情報を得るのに即日では対応できなくなったということです。

そうなると、物理的に銀行カードローンの即日融資は無理ということになります。そういった照会業務のない消費者金融会社のカードローンは引き続き、即日融資に対応しているということですね。他にも消費者金融会社のカードローンのメリットはあります。それは家族や会社の人にカードローンを利用しているということがバレにくいということです。

消費者金融会社のカードローンの申し込み方法の中に、WEBでの申込みがあります。WEBでの申込みでも郵送があったりといった、手順が必要になることが多かったのですが、昨今ではWEBですべて完結することが可能となったのです。そうすることで不要な郵送物などはありませんから、家族や会社にバレることがなくなったということです。

ただし、電話による在籍確認が行われることがあります。それも社名が出ることはありません。ローンカードも無人契約機から受け取ることができるので、郵送されることはありません。いずれにしても利用明細などもWEBで確認することができるので、まったくのペーパレスで消費者金融会社のカードローンを利用することができるというわけですね。

また、消費者金融会社のカードローンのメリットとして初回に限るのですが、30日間の無利息サービスというのがあります。30日後に返済したときの利息は0円で、元金のみの返済でいいということです。また、レイクでは5万円以下の融資に限るのですが、180日間の無利息に対応しています。こういったサービスを賢く利用することで、返済も楽ですし、有意義にお金を借りることができるというわけですね。

大手消費者金融会社のカードローンの申込み方法は多彩です。店頭に直接融資の申込みをしてもいいですし、WEBでの申込みもあります。郵送にも対応していますし、なによりも便利なのは無人契約機があることです。全国各地に設置してありますし、大きな看板が目印となっているのでわかりやすいです。

わかりやすいということは、入りにくいということでもあるのですが、そこは気にせずに入るようにしましょう。無人契約機は24時間365日開いています。メンテナンスなどで利用できない時間帯があるということですが、受付できても審査ができない深夜帯が多いということですから、それほど問題はないでしょう。

無人契約機のすごいところは、夜の22時くらいまででしたら、審査をしてくれるということです。ですから、その時間帯まででしたら、融資を受けることができるというわけですね。夜の時間でも審査をしてくれて融資を受けることができるのが、むじん契約機の大きなメリットです。ローンカードが発行されるので、最寄りのコンビニATMを利用してすぐにキャッシングできます。

また、土日祝日にも対応しているので、深夜帯を除いていつでも審査をしてくれてキャッシングできるということです。これが消費者金融会社のカードローンの大きなメリットであることは間違いありません。銀行カードローンよりも金利が高めですが、使い勝手の面を考えるとサービス面を含めて消費者金融会社のカードローンのほうに、大きなアドバンテージがあると考えていいでしょう。

それでも、返済利息の少なさが何よりも増して一番に考えたいところなので、銀行カードローンの審査に通る人は迷わず銀行カードローンを利用したほうがいいでしょう。それ以外の人とすぐにお金を調達しなくてはいけないという人でしたら、消費者金融会社のカードローンが大きな味方になってくれるのは間違いありません。

消費者金融会社には大手の他に、中小消費者金融会社さらにはもっと小規模な街金といった消費者金融会社があります。中小消費者金融会社は大手消費者金融会社ほどの知名度はありませんが、地元では名前が知られているといった消費者金融会社も少なくありません。申込み時間帯は限られていますが、タイミングさえあえば即日融資にも対応しています。

大手消費者金融会社のカードローンは、消費者金融会社の中では審査基準が最も高いです。中には大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちる人もいることでしょう。そういった人は中小消費者金融会社あるいは街金が頼りになってくれるのです。
 
▲メニューに戻る
 

金利の安いところでお金借りる

できればだれでも金利の安いところでお金を借りたいと思っています。そうなると、一番いいのは銀行カードローンでしょう。金利が低いので返済利息が少なくていいのは大きなメリットですし、金利の安いところで借りたいという目標に一番合致しているのです。

人気なのは、イオン銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、三菱UFJ銀行カードローンといった大手銀行カードローンでしょう。いっぽうで銀行系カードローンの審査は厳しいので有名です。ですから、銀行でお金を借りようと思っても審査が厳しいので属性が低い人は、銀行ローンの審査に通らないことが多いのです。

カードローン商品というのは、銀行カードローンだけではありません。カードローン会社として消費者金融会社もカードローンを取り扱っているのです。というよりもカードローンの発祥は消費者金融会社からですから、使い勝手の良さは消費者金融会社のカードローンのほうがいいでしょう。

カードローンの審査に通るとローンカードが発行されるのですが、これを使って、銀行ATMやコンビニATMで入出金することができるようになります。返済期間や月々の返済額は自分で設定することもできます。もっとも、返済額を抑えたり返済期間を長くすると返済が楽になるのですが、その分返済利息を多く支払うようになります。できれば、金利の安い銀行カードローンでお金を借りたいのですが、審査が厳しいので正社員でないと銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。

また、正社員だから銀行カードローンを借りることができるというわけではなく、正社員でも他社借り入れが多いとか、勤続年数が1年に満たない場合は、銀行カードローンの審査に通ることはできないでしょう。それでは、銀行カードローンの審査に通らない人はどこで借りたらいいのかというと、消費者金融会社のカードローンで借りるようになります。
 
▲メニューに戻る
 

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンでお金を借りることができなければ、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをします。消費者金融会社のカードローンを取り扱っているのは、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社です。

数多い消費者金融会社の中でカードローンを取り扱っているカードローン会社はごくわずかです。そのため、消費者金融会社のローンの中で、カードローンはもっとも審査の厳しいローンとなっているのです。ですから、消費者金融会社のローンの中ではもっとも金利が低くなっているのです。

ですから、少しでも金利の安いところでかりたいということでしたら、大手消費者金融会社のカードローンが一番いいでしょう。銀行カードローンよりも、貸金業者である、大手消費者金融会社のメインの金融商品がカードローンですから、使い勝手もよく、誰でも融資の申し込みができるのも人気の秘密です。
 
▲メニューに戻る
 

金利が安いところで借りる

カードローン以外で借りるとなると、公的機関を利用するのがいいでしょう。自営業者やこれから起業しようとしているのでしたら、日本政策金融公庫がいいでしょう。金利がとても低いので、多くのお金を借りてもそれほど返済利息を気にすることなく返済できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

もっともこれも審査が厳しいというか、属性というよりも、きちんとした事業計画を作らなければいけません。この事業計画なら大丈夫ということで、審査に通ることが多いのです。根拠のない収益でしたら、お金を貸してくれることはありません。これはカードローンの審査に通じるものがあるといっていいでしょう。

銀行や消費者金融会社でもビジネスローンがあります。これは目的ローンになるのですが総じて、こういった目的ローンは金利が低いので、事業者でしたら利用したい金融商品です。もっとも、これにもきちんとした事業計画の提出が必要です。収益が見込める事業計画ではないと審査に通ることはないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

いろいろな借り方

消費者金融会社のカードローンも初回でしたら、30日間の無利息期間というのがあるので、給料日などで一気に返済できるのでしたら、是非とも利用したいサービスです。

初回限りですから、そのカードローンでは一度限りとなるのですが、30日の無利息期間というのは、金額に制限がありません。もっとも消費者金融会社のカードローンになるんで、総量規制の問題で年収の3分の1までしか借りることができないので注意しましょう。

また、カードローンはフリーローンになるので、金融機関や貸金業者が用意している目的ローンのほうが金利が安くて返済利息が少なくなるので便利です。そういったことも含めて、少しでも金利の低い金融商品で借りたいということも銀行や消費者金融会社に相談してみるのもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る